読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プライズ ナミさん

 

 クレーンゲームで初めて大きめのフィギュア取った。

ナミさん狙いで3種類挑戦して、計5千円ぐらい浪費した。

クオリティに文句無いし、着物姿美しいし、取れて楽しかったし、良しとしよう。

GOTH【ゴス】夜の章、僕の章(角川文庫)

 

GOTH 夜の章 (角川文庫)

GOTH 夜の章 (角川文庫)

 
GOTH 僕の章 (角川文庫)

GOTH 僕の章 (角川文庫)

 

作者:乙一

頁数:190.253

発売日:2005/6/25

 

≪内容紹介≫

本性を隠し、普通の高校生としてクラスにも溶け込んでいる少年「僕」。

それを見抜き、時々話すようになったクラスでは浮いている美少女「森野夜」。

殺人鬼や死体、異常なものに興味を持つ高校生が様々な事件に関わる物語。

計六編の短編集。

人間の残酷な面を覗きたがる者[GOTH]を描く、第三回本格ミステリ大賞受賞作。

 

『夜の章』

【暗黒系Goth】【犬Dog】【記憶Twins】

 

『僕の章』

リストカット事件Wrist cut】【土Grave】【声Voice】

 

 

≪感想ネタバレ有≫

二冊で繋がるナイフの表紙、開くと現れる森の中で横たわる女性。

そんな雰囲気に惹かれ、読んでみることにした。

 

この本を読んだ当時は、叙述トリックの存在を知らず、

グロイ描写にもあまり耐性が無かった。

そのため自分にとっては衝撃的な作品となった。

小説ってスゲー。

素直にそう思った。

 

異常な人物が多数登場し、そんな殺し方する?と恐怖を覚える場面もある。

 

「僕」と「森野夜」に関しては、

同じ異常な趣味を持ってはいるが、根っこの部分は真逆と言って良い人物だと思う。

普通を装ってはいるが、本性は芯まで異常な「僕」。

異常な神経を持っているが、芯まで異常には入り込めない「森野夜」。

そんな二人。

 

 

『夜の章』

 

【暗黒系】

「森野夜」が連続殺人犯の日記と思われる手帳を拾う。

そこに記された、まだ発見されていない被害者を二人で探しに行く。

発見した被害者のファッションを「森野夜」がおもしろがって真似する。

それが原因で標的にされる。

「僕」が犯人を割り出し「森野夜」を救う。

 

「僕」は、やたらと頭が切れる。

反対に「森野夜」は自分を拉致した相手が連続殺人犯だとすら気付いていない。

そんなコントラストがおもしろい。

「僕」の推理は良くできていると思った。

なにより犯人を探した理由が「森野夜」の殺害された姿を見てみたいから、という部分に恐怖を覚えた。

 

 

【犬】

カギとなるのは語りは誰かということ。

「僕」がペット誘拐犯を探す。

「森野夜」は犬が苦手。

 

完全に騙された。

これが初めて出会った叙述トリックものだと思う。

ただ、『一緒に生まれた兄弟たちがいた』という台詞は不自然になるし、

無くても良かったのでは?

 

 

【記憶】

「森野夜」の心の闇、正体が明かされる。

彼女の正体には驚いた。

彼女の抱えていたものを考えると「森野夜」というキャラクターが愛しく思える。

 

 

『僕の章』

 

リストカット事件】

連続手首切断事件が発生する。

「僕」が化学準備室で手首のない人形を見つけ、化学教師に疑いを持つ。

化学教師の家に侵入し、手首を発見、持ち去る。

「僕」の策略により、化学教師は「森野夜」を疑う。

化学教師が痴漢撃退スプレーで返り討ちに合い、痴漢で逮捕。

リストカット事件の犯人とは明かされないまま…。

 

手首切断事件も猟奇的だが、「森野夜」の手首が欲しいから疑いを向ける、

というのもかなり発想が飛んでいる。

手首を盗んだのが「僕」だとばれているのではないか、と思わせるのはうまいと思った。

 

 

【土】

男の子を棺桶に入れ、土に埋め、空気穴から水を入れ溺死させる。

数年後今度は女子高生を埋める。

 

埋められた女子高生は誰か。

そして、「僕」に追い詰められていく犯人の絶望。

 

 

【声】

殺す前に録音した声を遺族に聞かせる。

そしてその遺族も狙う。

 

犯人は誰なのか、それをトリックで上手くドキドキさせながら読まされた。

もしかしてついに殺ってしまったんじゃないかと疑った。

取り敢えずエグイ事件だ。

「僕」と「森野夜」の微妙な関係、距離感がいい感じ。

結局「僕」が1番深いところに居る。

 

 

≪まとめ≫

だらだらと長く書いてしまい、時間もかかり、その癖後になる程だれてしまった。

疲れた…。

 

この小説は、もっと小説を読みたいと思わせてくれた作品で、ここから読書が好きになった。

 

漫画や映画では出来ない小説ならではの手法、それに感動した。

 

本を読む

 

通学で電車とバスを使うようになってから本を読むのが増えたのだと思う。

それまでは読書感想文の為に嫌々読む感想文が書けそうな本、短くて読みやすい星新一ぐらいしか読まなかったように思う。

 

何の本から読み始めたか思い出してみると、乙一のGOTH(ゴス)だった様に思う。

本屋で平積みになっており、2冊で繋がるナイフの表紙、開いてみると森の中で横たわる女性の写真。

2冊とも買った。

ブログ開設

ジャック・ゲッコーです。

本、マンガ、ガチャガチャ、チョコ、グミが好きです。

ブログは初めてです。